コー・ムーエンさん(ポイッポイ仙人)「叶うという文字」【2004/10/30 155号より】

本日の教え

これからは、「自分の願いが、叶わないはずがない」という常識を持って生きてゆきなさい。

 

コー・ムーエン『「いいこと」が起こり始める不思議な呪文』より


スポンサーリンク

本日の教えについて

コー・ムーエンさんは、四国在住。
幸せとは何か?人生とは何か?といったテーマで出版や講演活動を行っていらっしゃいます。

 

自らを「ポイッポイ仙人」と名のり、仙人ワールドを世界に広げるべく活動中とのことです。

 

今日のテーマは、「願望の実現」について。

 

「思考は現実化する」との有名な言葉がある一方で、なかなか実現しない人が少なくないのはなぜか?過去のメルマガで何度かご紹介して来た問題ですね。コー・ムーエンさんもこのことについて、ある見解をお持ちでいらっしゃいます。

 

あなたが、とある「願い」のエネルギーを放出したとします。
そして、一方で「叶わない」というエネルギーを同時に出してしまうと、宇宙は身近にある「叶わない」エネルギーの方を取ってしまうのです。

 

つまり、心の中で否定的な意識を持っている願いは実現しにくくなってしまうという側面を持っているのです。

 

コー・ムーエンさんは、この対策としてある提案をしていらっしゃいます。

 

皆さん、「叶う」という文字をよく見てみましょう。「口」に「十」と書きますね。つまりは、10回声に出すということです。

 

その願いを声に出してみる。1日に10回とは言わず、100回です。
言霊という言葉があるように、声に出すという効果は高いものがあります。
否定的思考がなくなるまで、声に出し続けてみるのです。

 

思考の妨げをしている制限を取り去るカンタンな方法が、このようにじゅ文を唱えることなのです。
さらには、じゅ文の内容を変えることであらゆる願望に対応出来ます。

 

以前、麒麟はおもちゃの博物館で有名な北原照久さん(第45回、130回に登場)の話を伺ったと書きましたが、北原さんも願望はいつも口に出しているそうです。

 

特に、「加山雄三に会う」という夢は実現するまで30年以上かかり、その間はずっと口に出していたというから驚きですね。

 

願いを叶えたいという時は「そんなの無理」という否定的感情をどう打ち消していくかがポイントになります。
今回の、「ひたすら声に出してみる」というのも有効な手段の一つなのでしょう。

 

寝る前などに唱えてみると効果がありますよ。

 

 

それでは、今日も一日皆さんに幸せが訪れますように!!!

 

スポンサーリンク

★本日の秘訣に関する本はこちらからご購入出来ます★

ポイっぽい仙人の「いいこと」が起こり始める不思議なじゅ文

430円

あわせて読みたい記事
再編集「運の達人1000人に学ぶ今日の秘訣」
再編集「運の達人1」〜総合運向上編〜

あおぞらきりんが「お金の仕組み」を学んだ講座


【無料講座開校中!】本当の「お金」の付き合い方を知っていますか?
ファイナンシャルアカデミーでは東京・大阪・京都・愛知で「お金の教養講座」を定期的に無料で開催中。毎年1000人が受講している人気講座となっています。「お金と経済のルール」を学び、効率的な自己投資方法を身につけたい方は是非受講してみてください。

「お金」の概念を正してくれる「10の教養」と「10の仕組み」を教えてくれます。この法則を頭に入れておくと「お金持ち脳」が出来上がりますよ。【あおぞらきりん】